西船橋で「姿勢矯正」や「骨盤矯正」をしたいと思う方へ知っておいてほしい事

始めに

 初めまして、船橋市西船にある整体サロンゆいまーるの山城です♪

 今回のこの記事では、西船橋で姿勢矯正や骨盤矯正をしたい方に向けて記事を書いて行きたいと思います。

きっと骨盤矯正や姿勢矯正をしたいと思う皆様はこんな経験があると思います。

自分の姿勢や格好を鏡で見て、

 私姿勢悪いかも、、だから姿勢治さなきゃ、、そのために骨盤矯正しなきゃ、、

 猫背、、巻き肩、、なんか姿勢悪くて老けて見える、、姿勢矯正しなきゃ、

というような事です。

 今回はそのような姿勢や骨盤の歪みでお悩みの方の参考になれば幸いです^^

 その為にまず骨盤とは?

 正しい姿勢とはどういうもの?

 という事を書いた後に骨盤矯正や姿勢矯正とはなんなのかについて書いて行きたいと思います。

 最初は骨盤についてです。

骨盤とは

 まずは骨盤矯正の前に骨盤とは?という事を簡単に書いて行きます。

 骨盤とは以下のようになっています。

骨盤とは図にあるように腸骨、恥骨、坐骨がそれぞれくっつき寛骨となり、その寛骨と仙骨、尾骨が合わさり骨盤というものを形成しています。

骨盤の主な役割として体重を支えることとなりますが骨盤内には大腸や膀胱などを始め様々な臓器が入っておりその臓器を支えたり、

また股関節の動きや脊柱の動きを円滑にするために細かい関節の役割があったり本当に様々な働きがあるのが骨盤です。

その骨盤が歪んだり、関節の動きが悪くなってしまっているために腰痛や肩こりなどの様々な不調が出やすいと言われています。

なので骨盤を矯正しましょうや反り腰だと危険です。

などのいい方をされるわけです。

しかしここで少し疑問点が生まれます

何かというと「骨盤は本当に歪むのか?」という事。

そんな疑問に答える為に次は骨盤の歪みについて書いて行きます。

歪みとは?

 先に少し日本語の意味を復習させていただきます。

 日本語の意味として歪みとは

 「物体に外力を加えた時に現れる形状または体積の変化」

 ということになります。

 もしくは

 「表に現れる形、形式、状態などが変わること」

 とされています。

 この言葉から考えると骨盤の歪みとは元の正しい形から骨盤が変形していると言うことになりますが。

 骨単体で考えると骨盤の骨が変形しているというのは先天性のものや外傷でもない限りあり得ません。

 この記事では少しそこらへんも解説していこうかなと思います。

骨盤の歪みについて 本当に骨盤は歪むの?

実際に骨盤は歪むの?という事なんですが、

結論として「歪んで見えている場合もある」というのが正解だと思います。

少し曖昧な表現になってしまうのでこの記事を見ている方はどっちなんだよ!と思うかもしれませんが、

これには理由があります。

まずは歪んで見えている場合の話をしていきます。

骨盤が歪んで見えている場合

最初にこの画像をご覧ください。

先ほどと同じような骨盤のイラストになるんですが注目してほしいのは仙腸関節と恥骨結合と呼ばれる部分です。

この記事で伝えたい骨盤が歪んで見えているというのは変形などではなく言い方を変えると「骨盤の関節がずれている事がある」という事です。

その結果「歪んで見えてしまっている(変形して見えてしまっている)」ということはあり得ます。

では骨盤のどこの関節がずれているのか、というお話になるんですがずれる箇所というのは主に決まっていて仙腸関節と恥骨結合と呼ばれる部分です。

仙腸関節は主に股関節の動きと脊柱の動きのサポートをしており、恥骨結合も股関節の動きに関わっているのですが恥骨結合は女性の場合、出産時にホルモンによって開きやすくなり、その開いた分緩くなりやすく歪みやすくなったりします。

なので仙腸関節や恥骨結合の関節の部分がずれてしまい股関節の動きが悪くなったり、腰自体に痛みを感じてしまう、

また骨盤や姿勢や歪んで見えてしまうという事は十分あり得るお話です。

つまりこの記事で伝えたい骨盤の本当の歪みとは骨盤の関節がズレてしまい歪んでしまっている、また歪んで見えてしまっているという事になります。

今回の記事では本当の骨盤の歪みとは骨盤の骨自体は変形していないが骨盤内の関節がズレてしまい歪んで見えてしまっている、という事です。

日本語がややこしくてすいません。

ではここまでは骨盤が歪んで見える場合のお話を書いて行きました。

しかし実際に骨盤内の関節がずれて歪んで見えているというのはごく少数です。

骨盤の関節がズレて骨盤歪んでいるかも?という方の1割程度だと思います。

けど歪んで見えるよ?そう思うかもしれません。

では次に歪んでいない場合、つまり骨盤は歪んでいないけど歪んで見える場合の事を書いて行きます。

骨盤が歪んでいないけど歪んで見える場合

上記では骨盤内の関節がズレて歪んでいる場合について書いて行きました。

では次に骨盤内の関節はズレていないのに骨盤が歪んで見える場合について書いて行きます。

骨盤内の関節がズレていないのに歪んで見える場合

大事になるのは「姿勢は補正」という考え方になります。

どういう事?と思われるかもしれませんが骨盤が本当にズレて歪んでいる場合は骨盤の関節がズレているという状態です。

しかし知っておいてほしい事は船橋市西船橋にある当店に来るお客さんしかり整骨院に来るお客さんしかり

骨盤自体が本当に歪んでいる方という人は全体の1割もいない、という事が私の経験と考えです。

ではなぜ皆歪んで見えるのか?という所なんですがそれには骨盤だけではなく上半身や内臓などの身体全体の機能が関わってくるんです。

例えばなんですけど姿勢にはこのような感じの種類があると言われています。

見た目で分かるように正常な場合ってすごい綺麗ですよね、よく姿勢綺麗ですよねとか姿勢美人とか言われる人は大体このような姿勢だと思います。

そして大半の人が悩んでいるのは猫背、反り腰、スウェイバックと呼ばれる姿勢だと思います。

このような姿勢のせいで骨盤が歪んで見えたり姿勢が歪んで見える状態だと思います。

だから皆さん姿勢矯正しなきゃ、骨盤矯正しなきゃ、正しい姿勢でいなきゃみたいな状態になっていると思うんですが、

基本的にこのイラストのように正常な人というものはおそらく人類の1割ぐらいなんじゃないかなと私は思っています。

大半の9割の方は正常以外の猫背や反り腰、スウェイバックになっていると思います。

もし正常な姿勢に見える人がいたらそれは本当に姿勢が良くて健康な人か、

無理していい姿勢を保っている、または保たなきゃいけないような状態になっている方だと思います。

ではなぜそう思うのかについての根拠を書いて行きます。

なぜ姿勢は歪むのか、歪んで見えるのかについての根拠

なぜ姿勢は歪むのか歪んで見えるのかについて書いて行きます。

少し前に書いたんですけどまずは「姿勢は補正」という考え方があります。

それはどういうことなのかを書いて行きます。

難しいことは色々とあるのですが基本的に人はシンメトリー(左右対称)ではありません。

例えば、頭は1個、腕は2本、足の2本と左右対称に見えます。

内臓も肺や腎臓、卵巣、精巣などは2個ずつあります。

これだけでみたらシンメトリー(左右対称)です。

しかし肝臓、心臓、脾臓、胆のうなどは基本的に1人につき1個しかありません。

(例に出しただけで他にも1個しかない臓器はあります)

しかもそれぞれ働きも重さも違います。

この時点で人間は左右対称ではない事はわかると思います。

なので人間の身体自体歪みやすく作られている、という事は想像しやすいと思います。

では本題のなぜ歪んで見えるのか?について書いて行くと、

「Aさんという人がいたとします、Aさんは生まれつき胃が悪くなりやすい体質で良くお腹が痛くなったり、下したりします。

そのせいでよくお腹を抑え前かがみになっている事が多くあります。」

など

「Bさんという人は女性なんですがその方は生まれつき生理が重く、良く痛くなり薬を飲みます。なので生理の時は下腹部をずっと抑えてしまいます。」

という人は少なくないと思います。

どうですか?この時点でこのような方お腹を抑えたりする姿勢って猫背になっていませんか?

なっていますよね。

人間というものは痛みを庇おうと自然に疼痛抑制姿勢という姿勢になります。

痛みが頻発にあったりすると無意識に庇おうとするため猫背になりやすかったり、正しい姿勢でいられないんです。

他にも例えば喘息持ちの方は息が吸いにくく呼吸がしにくいために胸(胸郭)が広がりにくい為スウェイバックになりやすくなったり、

ストレスや自律神経が乱れている方も神経の関係でスウェイバックや猫背になりやすくなったりします。

このような理由で姿勢が歪んで見えたり、またどこか内臓に不調があると左右対称じゃなくなり骨盤が歪んで見えたりします。

これが補正による骨盤の歪み(歪んでみえたしまっている状態)だと私は思います。

でも別に内臓も悪くないし、どこか弱い所もない、よく眠れているし自律神経とかもそんな気にならないよ、という方は今まで出てきた

「関節のズレ」や「補正のせいで歪んでいる」訳ではなく

「筋肉による歪み」かもしれません。

その場合も書いて行きます。

筋肉性による姿勢不良、骨盤の歪みについて

上記で様々な骨盤が歪んで見えてしまっている状態について書いて行きました。

では他に姿勢や骨盤が歪む理由はあるのか?についてなんですが有ります。

これに関しては今まで書いた「姿勢は補正」などという考え方でもないですし、内臓や自律神経なども関係ない筋肉性の歪みになります。

これも説明していきますね。

「Aさんという方がいます。この方のお仕事は引っ越し屋さんで良く重たいものを持ちます。なのでよく前かがみの姿勢を取ることが多く

身体は良く使いますがストレスもないし、睡眠も良く取れており、お酒なども全く飲まないけどストレッチを一切やらないため身体は常に硬いです。」

という方は筋肉性の歪みの可能性が大きくなります。

上記で書いた関節の歪みや内臓、自律神経の歪みなどではなく単純に筋肉が硬いだけの姿勢不良ですね。

そのせいで身体のバランスが左右対称でなくなってしまい足などにも筋力差が生まれてしまって重心や歩き方が変化し脚長差が生まれてしまい

骨盤が歪んで見えてしまっている、ということになります。

想像出来ましたでしょうか?

簡単にいうと片方の筋肉だけが伸長、または短縮し筋肉の長さが違ってしまいその筋肉の短縮具合によって骨盤のバランスが崩れてしまっているという状態です。

この場合の猫背や不良姿勢は大体上腕二頭筋や胸筋などが収縮し歪んで見えている事が多いです。

では骨盤は本当に歪むのか?から骨盤や姿勢の歪みのパターンについて書いて行ったので少しまとめていきます。

姿勢の歪み、骨盤の歪みのまとめと対処法 セルフケア

では今まで書いたことをまとめていきます。

まずは骨盤はズレるのか?という疑問点の最初の答えとして実際に骨盤は歪みます。(歪んで見えます)

それは関節性のズレです。(骨盤の仙腸関節や恥骨結合など)

しかしそれは骨盤の歪みで悩んでいる方の1割もいないというのが私の見解です。

けど歪んで見えるよ?

姿勢がわるい原因は?

と思われる方は以下のことが考えられます。


・内臓、自律神経性(補正による歪み)
・筋肉性(片方だけの筋肉が短縮している)

などになります。

また一つ一つとっても歪み方のパターンには様々な事が考えられるのですが簡単にそれぞれの対処法を書いて行きます。

・関節のズレ(骨盤)

→あぐらをかいてみたり、股関節を曲げたりして開きにくい、曲げにくいという所があればそれは関節が歪んでいるかもしれません。

その場合はその歪んでいる関節を特定しなければならないのですが自分では特定しにくいかもしれません、なのでこの場合は専門家に相談した方がいいと思いますが

もしご自分で出来るだけ良くしたいのであれば股関節や腰の動きの割る所を見つけ動きが悪い方向ではなく動きやすい方向に股関節や足を動かしながら

動かしにくい所の可動域を少しずつ無理なく広げてあげるような動きをしてください。上手くいけば動いていない関節が動いて元の関節にはまることがあります。

・内臓、自律神経性の歪み

→内臓に関してはその方の体質やどの臓器が弱いのかという所になるので個別な対処はこの記事では書きにくいのですが例えば暴飲暴食をしてるならば控えるや

自律神経性の歪みなら規則正しい生活やストレス発散が自分で出来る対処法になります。

・筋肉性の歪み

→単純に筋肉が硬くて骨盤が歪んで見える場合の人は硬い筋肉をストレッチする事で歪みが解消されたりします。

筋肉性の歪みかどうかの見分け方は、内臓や自律神経には問題がなく、筋力は多いが可動域は狭い、そのような方は筋肉性の歪みの確率が高いかもしれません。

例として太ももの後ろの大腿二頭筋という筋肉を伸ばしてみて左右差があれば硬い方をよくストレッチして下さい。

硬い方の筋肉が短縮(収縮)しているという事です。

その短縮している所を伸ばす事で筋肉のバランス、長さが揃い筋肉性の骨盤の歪みが解消されたりします。

姿勢矯正や骨盤矯正の注意点

今までの中で骨盤や姿勢不良、種類、ケアについて書きましたが正直ちゃんと骨盤の歪みや姿勢不良、猫背を治したいのなら専門家に聞くのが早いと思います。

しかしここで大事な事を書いて行きます。

骨盤矯正、姿勢改善で大事なのは、なぜ自分は猫背なのか?なぜ骨盤が歪んで見えているのか?

骨盤は本当に歪んでいるのか?歪んでいたらどこの関節が歪んでいるのか?

だと私は思います。

よく整体や整骨院で「骨盤矯正しましょう」「姿勢改善しましょう」「産後の骨盤矯正は大事です」など言っている所があります。

のぼりも出していますよね、「骨盤矯正」「姿勢矯正「産後矯正」など

ではこんな風に宣伝広告をしている所がこの記事でも書いたようにその歪みは関節なのか?内臓なのか?自律神経なのか?筋肉性なのか?という事を分かっているのかというと

僕は大手2社の整骨院を経験しているしその中で多くの先生にあってきましたし、

会社としても大々的に骨盤矯正や姿勢矯正と宣伝していましたが正直全然わかっている人はいませんでした。

悲しいけど本当なんです。

産後矯正だとしても自然分娩なのか帝王切開なのかで変わったりもします。

なので本当に姿勢を治したい、骨盤の歪みを治したいと思う方はちゃんと知識がある所で施術を受けるのがいいんじゃないかなと私は思います。(あくまで個人の意見です)

では当店ではどんなことをするの?というのを書いて行きます。

船橋市西船橋にある整体サロンゆいまーる流 骨盤矯正 姿勢の歪みの治し方

最終的に姿勢を治したい、骨盤の歪みを整えたいと皆様思いますよね。

当店ではなぜ姿勢不良になるのか?なぜ骨盤は歪むの?を考え、それぞれの方に合った施術方法を用い猫背、姿勢改善、骨盤の歪みを解消していきます。

まずは検査、問診を行いどこが問題なのかを見極めます。

関節?筋肉?内臓?など原因の特定を行い以下のような施術を行うことで歪みの早期改善を行うことが出来ます。

・内臓→内臓マニュピュレーション
内臓の動きが悪く姿勢が悪くなっていたり骨盤が歪んで見える方は内臓マニュピュレーションと呼ばれる特別な手技を行い猫背の早期改善を目指します。

・筋肉→筋膜への徒手的療法、鍼治療
筋肉が原因で姿勢不良になっている方はその原因筋へ揉み解しやストレッチ、鍼施術を行う事で改善を目指します。

・骨格→関節モビライゼーション
関節が歪んでいる方にこの関節モビライゼーションと呼ばれる手技や矯正などを行う事で歪みを改善します。

良くバキバキする矯正が目立ちますがあれは技術のほんの1部です。

しない方法もあります。

このような施術を行う事で、骨盤の矯正、姿勢改善、猫背改善を行っていきます。

最後に船橋市西船橋にある当店からメッセージ

近年身体の事に悩む方が増えてきました。

それに伴い様々なグッズやお店、それこそ整体のお店も増えてきました。

そんな中船橋市西船橋にある整体サロンゆいまーるはお客様に少しでも正しい情報、正しい技術を提供しお客様の健康をお手伝いできればと切に願っております。

もしこの記事を読んでいる貴方が船橋市西船橋で骨盤矯正や猫背矯正、姿勢の歪みを良くしたいと思うならお力になれたら幸いです。

まずは身体の事は何でもご相談下さい^^