バセドウ病 首の痛みでお悩みの30代女性ー事務職Hさんー船橋市西船在住

バセドウ病 首の痛みでご来店された経緯

 2024年5月4日 バセドウ病 首の痛みでお悩みの30代女性ー事務職Hさんー船橋市西船在住がご来店されました。ご来店された経緯としては西船橋にある整体サロンゆいまーるに元々旦那さんが定期的にご来店しており当店を紹介して頂いてたそうです。

 そして実は2024年5月12日にお店が1周年を迎えるので紹介の方は初回施術無料キャンペーンを開始しますと告知したところそのキャンペーンがきっかけとなりご来店されました。旦那さん紹介有難うございます^^では問診をしていきます。

バセドウ病 首の痛み問診編 推測

 今回の記事はバセドウ病 首の痛みでお悩みの30代女性ー事務職Hさんー船橋市西船在住なんですがHさんの主訴自体は首の痛みと猫背を何とかしたいとの事でご来店されました。

 その中で問診を続けていくと2年ほど前にバセドウ病と診断され現在も投薬治療をしているそうで、バセドウ病を治したいというか今回首の痛みの解消を目的とし、バセドウ病の治療を目的としてはいません。

 しかしなぜ病気になるのか?という事を考え施術すると病気の悪化や症状の再発は防げます。ではまず問診を進めていきます。
 主訴は首の痛み、その他の症状として肩こり、猫背、たまに下痢、足の冷え、便秘(2.3日に1回)、たまに側頭部の頭痛、立ち眩み、めまいなどがありました。まず1つ1つの症状を伺っていくと首の痛みは仕事がデスクワークでパソコンを使っていると段々痛くなってくるそうです。

 それに付随するように肩こりは酷くなり、下痢や足の冷えはずっと前から慢性的に気にはなっているけどそこまで重要視はしていない。

 便秘も自分ではあんまり気にはしていないがたまに腹が張ってやばいと思うときがある。頭痛は気圧やストレスが溜まってくると時々痛み軽く辛いそうです。では軽くまとめとそこから何が推測できるかを書いて行きます。

・デスクワーク、肩こり、首の痛み
→眼精疲労?(詳しく知りたい方はこちら眼精疲労のお話
・下痢、足の冷え、便秘
→自律神経症状なので自律神経の乱れ?
・ストレスや気圧によっての頭痛
→自律神経の乱れ
・立ち眩み、めまい
→自律神経の乱れ、バセドウ病?

などが考えられます。バセドウ病も関係しているとは思いますが症状自体は主に自律神経の症状が強いと感じました。では次に検査です。

バセドウ病 首の痛み検査編 推測

 問診で主に自律神経かな?と予想は出来たのですがでは実際に身体の可動域や筋力はどうかとみていくと首は上を向く際に首の後ろ辺りが詰まる感じ、右を向く時は問題なし、左を向く時は肩に詰まり感有り。

 次に自律神経のチェックとして首の筋力チェック、立った状態での重心の安定性、腸腰筋の筋力がともに全く安定しない状態でした。こ簡単に言うと自律神経が乱れ身体に全然力が入っていない状態でした。

 本人も検査をしてみて「こんなに自分の身体が悪いと思いませんでした!」と感想を述べてくれました。検査の結果として首の後ろの詰まり感は眼精疲労、あとはバセドウ病が基礎にあると思いますが自律神経が原因だと分かりました。

 では実際の施術について書いて行くんですがまずはここでバセドウ病はなにか?について書いて行きたいと思います。

バセドウ病とは?

 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)とは甲状腺ホルモンを過剰に産生してしまう病気と言われています。

 甲状腺ホルモンは、全身の臓器に作用して代謝を司るなど大切な働きを持つホルモンでありこの恒常性ホルモンが過剰に分泌すると代謝が活発になるという事が分かっています。

 その結果として動悸、体重減少、動悸、指の震え、暑がり、汗かき、便秘、下痢、精神的にはイライラしやすい、落ち着きがないなどの症状が出たりします。酷くなると眼球が飛び出ているように見えたり瞼が閉じないなどの症状も出たりします。

 年代と性別は比較的若い20~30代の女性に多いと言われています。
 一般的にはバセドウ病になってしまう原因自体は完全には分かっていませんが遺伝も関係しているとされています。

甲状腺とは?解剖的紹介

バセドウ病の原因の甲状腺の場所ですが、喉仏の下あたりにあります。甲状腺の大きな方であれば体表から触れることもできます。

バセドウ病とは?で軽く触れたんですが甲状腺の働きとは主に4つで脳の活性化、体温の調整、心臓や胃腸の活性化、新陳代謝を担っています。簡単に言うと身体の機能の活性化ですね。ではまたバセドウ病のお話を書いて行きます。

バセドウ病は治るの?

 ではバセドウ病は治るの?ってお話なんですが完璧に治るという事はないと言われており付き合っていく病気とされています。

 しかし正しい治療をしていくことで甲状腺の数値や身体に表れる症状なくしていくことは可能です。一般的に行う治療として薬物療法や症状が強い場合は甲状腺自体を取る手術をすることもあります。

 そんなバセドウ病ですが整体サロンゆいまーるでは自律神経にアプローチすることで症状緩和や再発予防が出来ると考えています。

 なぜかというと人間色んな病気になるパターンはあるのですがバセドウ病の症状と自律神経が乱れた際に出る症状がよく似ている事とと身体の悪くなる順番や機序が似ているため自律神経にアプローチする→免疫が整う→症状緩和出来ると思っているからです。

 詳しく身体が悪くなる順番や人間が病気になってしまう理由を知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください♪

身体の悪くなる順番 猫背の症例ともに
自律神経のお話1 
自律神経のお話2
なんで病気になるのか リウマチ編
では次にバセドウ病 首の痛みでお悩みの30代女性ー事務職Hさんー船橋市西船在住さんの施術編について書いて行きます。

バセドウ病 首の痛み施術編 結果

 では施術編を書いて行きます。施術の方向性として問診と検査で自律神経が問題だと分かったので自律神経への施術を主に行いました。

 どんな施術かというと頭と仙骨に対して調整をしていきます。やり方は頭に関しては頭蓋骨の調整や歪みを調整したり、仙骨は少し特殊なんですが仙骨の前屈後屈をサポートするような刺激を入れていきます、刺激量としてはとてもやさしい刺激で人によっては気持ちいいって感じる方もいれば何をしているか分からないという方もいらっしゃるぐらいの刺激です。

 まずはHさんにベットに仰向けになってもらいアプローチ開始。両方へのアプローチ時間としてともに10分ずつぐらい行いました。

 その結果重心と首の後屈、また写真で比較したんですが明らかに姿勢がきれいになっていました。これにはHさんも凄いびっくりで姿勢がきれいになったのはとても嬉しいとのお言葉を頂きました♪では次に首の痛みに関しての施術です。

 やり方は目のストレッチと凝っている筋肉への揉み解しを行いました。なぜ目のストレッチかというと目の筋肉や神経と首の筋肉は繋がっているからです。

 詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください♪(全部書くと凄い長い記事になってしまうので)眼精疲労と肩こりのお話

 首の施術もお話しながら行い時間にして約20分程度しました。結果として首の痛みが10→3までに減り頭全体スッキリしたそうです^^問診まで含めると約60分程度になりました。

 最後はセルフケアとして目のストレッチと軽く運動指導を行いまた様子見たいので1週間後に予約を取り旦那様とご帰宅されました。

 本人も言っていました自分の身体がこんなにボロボロなの分からなくてゆいまーるに来たことで自分の身体を見直すいいきっかけになったそうです。

 意外と自分の身体って分かっているようで分からないもんですよね、このまま継続的に健康になれるお手伝いが出来ればとても嬉しく思います。

もし病気になったら

 基本的に強い症状があれば皆さん病院に行きお医者様の診断を仰ぐと思いますがそこで○○病や老化などと言われて自然治癒を待つしかない、薬で症状を抑えていくしかないなど言われたとしても意外とやれることは多くあったりします。

 そこで大事なのはなぜそうなったのか?今回のバセドウ病ならおそらくストレスや生活環境のせいで自律神経が乱れ発症してしまったことが考えられますがその場合自律神経を整えることで悪化を防げたり症状を緩和することは出来たりします。(Hさんは投薬もしている)

 ほかにも頚椎症や変形性○○など言われた場合でも変形したものを治すことは出来ませんが悪化を防げたり、痛みは取ることは可能だったりします。

 まずは何か出来ることはないか調べたり行動したりしてみてください。当店の他の記事でも色々な方法は書いているので参考にしてみてください。そのうえで何をどうしたらいいか分からないという方は是非ご相談下さい。力になります。

バセドウ病 首の痛みに対する船橋市西船橋整体サロンゆいまーる的アプローチ

 今回はバセドウ病 首の痛みでお悩みの30代女性ー事務職Hさんー船橋市西船住みについて書いていきましたが最終的にみなさん「バセドウ病や首の痛みを良くしたい!!」これにつきますよね。では船橋市西船にある整体サロンゆいまーるではどのように施術するかを書いて行きます。

 あくまで手術まではいかない、バセドウ病の症状が酷すぎない、悪化をさせたくないもしくはバセドウ病も持っているがそれ以外の症状を良くしたいという方向けに施術をしていきます。症状が強い方はまずは医療機関への受診をお勧めします。

まずは検査、問診を行いどこが一番問題になっているのか。自律神経?筋肉?内臓?など原因の特定を行い以下のような施術を行うことで腰痛の早期改善を行うことが出来ます。

・内臓→内臓マニュピュレーション
腸内環境が悪い方、または体質的に弱い方は内臓の血流が悪くなり腰痛が発生している可能性があるので内臓に対する施術として内臓マニュピレーションという特別な手技を行い改善を図ります。

・筋肉→筋膜への徒手的療法、鍼治療
筋肉が原因で痛みを感じている場合は原因筋への揉みほぐしや鍼灸アプローチを行い疼痛改善を行います。

・骨格→関節モビライゼーション
関節の動きがわるいと腰痛になることがあります。その際には関節に動きを付けるように関節を動かしていきます。バキバキする時もあるし、バキバキしない方法もあります。好みや疑問点などがあれば遠慮なく教えてください^^

施術としてこのような施術があるのですがあくまで一例となります。お困りの方の参考にして頂ければ嬉しいです。