西船橋に住んでいる、整体で肩こりを治したい方へ

こんにちは船橋市西船橋にある整体サロンゆいまーるの山城です。今回の題名は西船橋に住んでいて「肩こり」を治したいと思っている皆様に向けて書いて行こうと思います。

個人的には全国の方に肩こりをなくしてほしいと思っていますがまずは地域の方からということで題名に西船橋整体と書きました。では書いて行きます。

肩こりとは

まず肩こりとは病気や病名などではなく「肩が凝っている」「張っている」感じがする様子を略したものとなっています。
症状として、

・肩が重い
・肩が動きにくい
・なんとなく痛い感じがする

などが挙げられます。現代ではデスクワークや座り仕事、スマホや携帯の普及が進み身体がこわばったり、疲れが溜まりやすく、肩こりになる方が大変多いと感じます。

肩こりでも軽度であれば日常生活にさほど影響はありませんが酷くなると頭痛や、吐き気、五十肩などの原因になりえます。

肩こりの原因

肩こりの原因は多岐にわたります。まずは主な原因について書いて行きます。

・姿勢不良
⇨例として肩こりがある方は猫背の方やストレートネックなどになっている方がとても多いと言われています。

本来なら正しい姿勢というのは背骨の上にしっかりと頭蓋骨が乗ることで支えられています。しかしストレートネックというものは背骨にうまく頭蓋骨が載っていない状態。

つまりボーリングの球を斜めに持っている状態になってしまっているわけです。そんな状態だと無駄な力が入りそうですよね?それが肩に起こることで肩こりになるわけです。

・眼精疲労
⇨眼精疲労で肩こりが起こるメカニズムとして目の奥にある視神経というものは脳と直接繋がっており視神経自体脳の第二神経とも言われています。

その視神経にずっと刺激を受けている状態が続くと脳は休まらないわけですよね。詳しく知りたい方は眼精疲労の症れと共に記事を書いているのでこちらをご参考にしてください。眼精疲労の症例と脳神経のお

紹介した記事でも書いているのですが視神経と肩を支配している神経は密接にかかわっているので目が疲れると肩こりもつあくなってしまうのです。

・血流不足
→慢性的な痛みというものは「局所の酸欠」が原因と言われています。血流が悪く酸素が細胞にいきわたらないと痛みが出たり辛く感じたりすると言われています。

また血管というものは三層構造になっており、中膜という部分が平滑筋(不随筋)となっています。

この平滑筋というものは自分で動かす筋肉ではなく自律神経によって調節、つまり環境や自分の精神状態によって勝手に調整される筋肉なんです。

興奮すると縮み、リラックスすると広がるように出来ておりストレスがかかると縮むため血管の中の血液量が減り、呼吸は浅くなり全身の循環不良につながります。

つまり、運動不足によって血流が悪くなったり、ストレスで血流が悪くなることで肩こりを感じやすくなるんです。

揉んで刺激を与えることで血流が良くなり一瞬肩こりは楽になりますがなぜ肩こりが起きているのかを考え原因を取り除いていくことが大事になります。

肩こりの対処法 セルフケア編

肩こりがなぜ起こるのか?考えられる要因については上記で書いて行きました。ではどうしたらいいの?という事なんですが自分で出来るものについて書いて行きます。色々なケアが考えられますがまずは3つ書いて行きます。

1、姿勢を良くする
肩こりをしている方の多くは「自分は姿勢が悪い」「巻き肩なんだよね」など自覚していることがあると思います。なので簡単に言うとその姿勢を正すことで肩こりは軽減されていくと考えます。

しかしここで大事なのはなぜ「姿勢が悪いのか」です。皆さん姿勢が悪いことは分かっていますが「気が付いたら勝手に姿勢が悪くなってる」そう感じませんか?そうなんです。

肩こりというものはデスクワークなら集中するあまり首が前に行き、肩が前に入り猫背になってしまっているような人はとても多いと思います。

そのほかに電車で目的の駅に着くまでにスマホを見ることによって下を向きストレートネックになってしまっているなどです。これを環境的要因としましょう。

この問題に対してはセルフケアや意識的に対処することで肩こりが悪くなることを防ぐことが出来ると考えます。無意識にしてしまっていることを意識的に行うわけです。

しかしその肩こりや姿勢が「何かを庇っている」為起きている事だとするとその「何か」を解決しないと根本的には改善出来ないかもしれません。

 例えば元々腰痛があるが猫背にするのが楽な場合腰痛を感じたくないから腰痛を庇うように猫背になりますよね?身体というものはそうやって無意識に痛みを反射的に感じないようにどうにかこうにか出来ないかと調整しています。

もし腰痛を庇ってしまい猫背になってしまっているのであれば無理に姿勢を良くしても腰痛が再発するだけで解決にはなりません。

なので解決法として姿勢を良くすると書きましたがもし何かを庇ってしまい姿勢不良になっている場合はその何かを解決し姿勢改善を目指さなけばなりません。

 長くなりましたがセルフケアとしてオススメなのは姿勢を良くするためにストレッチをしましょう。

簡単なのは胸を開くようなストレッチを行い丸まっている背中をまっすぐに出来るようにしていきましょう。もしそれで腰痛が出たら腰回りのストレッチを行えばいいと思います。


2つ目は簡単に言うと1日15分程度の有酸素運動をしましょう。慢性的な症状は肩こり、腰痛含めて「血流不足による酸欠」なので血流改善を行うために運動をすることです。

ここで大事なのが血流だけを良くするのであれば筋トレでもいいのですが筋トレは筋肉を傷つけ肥大化させる行為でこの筋肉が傷つくというのが結果として血流を悪くすることが考えられます。

もちろん悪いことではないので筋トレが好きな方はやってもいいと思いますがコリをほぐして血流を良くしていくという意味では有酸素やストレッチなのをお勧めしています。

3つ目は目の疲れを取りましょう。目の疲れ、眼精疲労と呼ばれるものがある場合は目から入る光の刺激により脳が興奮し自律神経が乱れ筋肉の過緊張が生まれます。

その結果緊張した筋肉の「血流不足」が起き肩こりを感じることになります。よくデスクワークや目を使う職業の方が肩こりをしやすいのは眼精疲労のせいとも言われています。

なので目の疲れを取ることは肩こり解消に繋がったりします。
方法として湿ったタオルを30秒程度電子レンジで温めそれを寝る前に目に当てたり(目を温めることが出来ればなんでも大丈夫)、目の運動を行いましょう。

目にも眼球を動かすための筋肉が存在しておりその筋肉が固まることで眼精疲労を起こします。

なので定期的に目の運動を行うことで目の筋肉がほぐれ眼精疲労を楽にすることが出来ます。

方法として目を時計回りに可動域いっぱいぐるぐる10回程度行いましょう。終わったら反時計回りにも10回行いましょう。

目の筋肉が固まっている人はこれだけでもすっきりしたり首の回旋動作、回旋可動域が変わったりします。

セルフケアで対応出来ない肩こりの種類

肩こりのセルフケアは書いたんですが実は肩こりやストレートネックになる原因は上記以外にもあります。それがセルフケアで対応出来ない肩こりの種類となっております。

その原因とは「内臓」です。実は意外と知られていないんですが内臓の悪さというか硬さが肩こりに影響していたりします。例えばなんですけど肩や肩甲骨というものは肋骨にへばりついておりこの肋骨の中には肺や気管支、心臓、または肝臓やちょっと人によりますが胃なども入っているわけです。

この内臓の動きが悪い、硬いということは肋骨の硬さに影響を及ぼしたりするわけです。そして肋骨が硬くなった結果「肩こり」として感じたりするわけです。

このタイプの肩こりは自分ではどうしようもないし、いくらその周りをもんだとしてもあんまりすっきりしない、またすぐ戻ってしまう方がとても多いです。

実際に西船橋整体サロンゆいまーるに来る方で肩こりなんですと来る方でも方だけではなく胃や肝臓、女性であれば子宮などにアプローチし内臓の動きを良くすることで肩こりが楽になるケースが多々あります。。

例として分かりやすく書くと、
30代女性 生理が重い→下腹部をかばう為、前傾姿勢になりやすい→肩こりしやすい
50代男性 お腹が痛くなりやすい→お腹の中心辺りを庇うため、前傾姿勢になりやすい→肩こりしやすい
などになります。

なのでそういう症状をもっている方、体質の方は肩が辛いと感じている部分だけではなく動きの悪くなっている内臓に対してアプローチをしていかないと結果肩こりというものは良くならないんです。

整体や徒手療法と呼ばれるものはこういう内臓の動きを調整したり働きを活発にしたりする内臓マニュピュレーションという方法が確立されているのでしっかりと技術を学んだ人にやってもらうと凄く肩こりが揉まなくても楽になったりします。

勿論内臓の動きが悪くなる→前傾なりやすい→肩が巻き型になりやすい→肩回りの筋肉が固まりやすくなっている→固まっている筋肉を揉む→楽になる、という事は間違ってはいませんがあくまで対処療法となりやすいということです。

肩こり専門治療 「肩甲骨はがし」

最近、もしかするとひと昔前「肩甲骨はがし」などという名前を聞いたことがありませんか?僕の記憶では5年前ぐらい前、コロナがはやる前あたり?ぐらいに有名になったこの肩甲骨はがしですが肩こりのある皆さんは「肩こりに効きそう」「初めて聞く名前!興味あるから行ってみたい」など思ったりまた実際に受けに行ったことがある人もいると思います。

しかしまず徒手療法の中に肩甲骨はがしという療法は存在しません。この名前は誰かが勝手に名前を付けてメニュー化しそれが流行っただけの「方法」です。

勿論それが悪いとは言いませんしすっきりする人もいますが実は危険な行為になる人もいます。

それを知らずに受けにいくと後で痛い目を見たりするので知識としてこの記事の向いている人、向いていない人を覚えておくと良いと思います。

向いている人は、筋肉質な人、普段ストレッチをしない人になります。このような方は単純に肩関節事態をあんまり動かしていない人が多く肩甲骨はがしを受けることで可動域が上がり血流が促されすっきりします。

是非筋肉質な方でストレッチをしない方は受けてみてください!めっちゃすっきりします!

しかし向いていないという方もいます。向いていない人は、細見、40代以上、脱臼癖のある人になります。

まず肩甲骨というものは肋骨にへばりついている、表現を変えると肋骨と鎖骨にぶら下がっているようについていますが屈強な筋肉や靭帯によって固定されており様々な動きが出来るようになっています。

しかし細身の方はこの肩甲骨を固定するための筋肉が弱いため無理な力を加えて肩甲骨を動かしたりすると筋肉や靭帯を痛める原因となってしまいます。

脱臼癖がある方は上腕骨と呼ばれる骨が肩甲骨から外れやすい状態になっているため無理な外力を加えると痛めやすいと言われています。

この向いている、向いていない人はお店の人や施術者自身わかっていない場合が多く肩こり=肩甲骨はがしをするみたいな人がとても多いと感じます。

もし自分が向いていない人でお店の人に肩甲骨はがしを進められたら断るのも自分の身を守ることになると思います。

まとめ

今回の記事のまとめをすると、
・肩こり自体は病気などではなく肩が重いなど感じる事
・肩こりの原因は「血流不足」「姿勢不良」「眼精疲労」「内臓」など多岐にわたる。
・セルフケアで補える部分と補えない部分がある。
・流行りの肩甲骨はがしは人によっては危険、または効果がない
になります。

西船橋に住んでおり整体で肩こりを治したい人は

今回は西船橋に住んでいる方向けに肩こりについて書かせていただきました。結論として肩こりの原因自体は多岐に渡り自分自身でケア出来るものと出来ないものに分かれます。

基本的に肩こりで悩んでいる方の多くは日常生活も普通に送れるし緊急性がない方が殆どだと思います。

しかし酷くなってくると頭痛やだるさ、めまいなど様々な症状、弊害が生まれてくることが考えられ病院では原因不明や自律神経だねなど言われ対処法がないと言われて大体の方が途方に暮れてしまいます。

西船橋にある整体サロンゆいまーるはそうなる前に整体で早期の改善、肩こりはもちろん小さな不調も見逃さない、出ない様な身体づくり、アドバイスを出来たら幸いと思います。

もしこの記事を見ている西船橋の方で肩こりを治したい、早く良くしたいと思っている方は是非船橋市西船橋にある整体サロンゆいまーるへご相談いただけたたらと思います^^